雑記帳

続・ガラスを切る

2014年8月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加

ガラスカットを上手になるための夏期講習が一昨日終わりました。
参加者5名の内、早めに終わった2名の完成品をお見せします。

 

直角のカットと穴あけの講習です。

 

この受講者は穴を二つ開けました。

 

「そんなこと機械を使えば簡単にできるじゃないか」という方もいますが、技術を磨いて手で出来ることを機械でやる必要はありません。

何よりも、技術を身に付けるということは、心を鍛えることであり、感性を豊かにすることに通じていると思います。

 

 

 

こちらはハート型に穴を開けました。

 

ガラスを直角にカットしたり、穴を開けたりすると、組み立てにも一工夫必要になります。

 

 

 

 

 

 

本州からの受講者もおりますので、最終日に地元の生徒がメロンとじゃがバターを持ってきてくれました。

僕は朝もぎの”とうきび”を買ってくるつもりでしたが、その日の朝は時間がなくなってできませんでした。

すみません。

このエントリーをはてなブックマークに追加