雑記帳
雑記帳

やる気がなくても仕事は進む

このエントリーをはてなブックマークに追加

3週間ほど前から不眠に陥っています。
元々睡眠時間は短い方で、2時に寝て6時半に起きるのがベストなんですが、最近は3時になっても4時になっても眠気が来ない日々が続いています。
強いアルコールをひっかけて無理やり寝たりもするけれど、我が家の生活のリズムを守るには、どうしても7時には起床しなければなりません。

そんなわけで日中はボーッとして仕事が手に付かず、仕方がないから借りてきたDVDを見ようとするものの見始めてすぐに寝てしまい、起きると軽い頭痛がするのが常です。

気分転換だと言い訳してファーストフードのはしごをし、マック~吉野家~ミスドでギブアップ、三日後に逆コースでもう一度はしごしたら、3キロ太ってしまいました。

運動したらいいかもと思って、先日は久しぶりにスイミングプールへ行ってみましたが、25メートルを3往復目に心臓がドクドクと脈打ち目の前が暗くなって、早々に引き上げてきました。

こんな時に限って急な仕事がいくつか舞い込み、この不景気に有難いことですから、気力を振り絞って打ち合わせとデザインだけは終わらせました。
でもその後が続きません。
どうしても作業台の前に立つ気がしなくって、1週間ほどを無為に過ごしました。

ステンドグラスを生業として30年、やる気がないというのはかつてなかったことです。
やりたくない仕事というのはいくつかありましたが、逆に闘争心が湧き上がってきて、なんとかこなしてきました。
今取り掛かっている仕事は、むしろやる気が起きるはずの好条件のものばかりなのですが、それにもかかわらずこのやる気のなさはどうしたことでしょう?単に寝不足のせいばかりではないような気がします。

「おれ、いったいどうしちゃったんだろうね?」と妻に訴えてみたら、即座に「ペットロス症候群じゃないの?」という答えが返ってきました。
そうかあ~、そうかもしれない。
まるで鬱病の症状みたいだもんなあ~。

2010228-blog.jpg原因がわかったらちょっと気が楽になって、昨日からガラスカットを始めています。
しかしながら、やる気のなさは相変わらずで、CDを頻繁に交換し、コーヒーを入れて紅茶を入れて、たまたま電話を掛けてきた友人と長話、こんな調子じゃいつになったら終わることか・・・。
と思っていたら、夕方になるといつの間にかガラスカットが終わっていて、エッチング準備のシート貼りや下絵描きまで終わっています。
普段の仕事のスピードと変わりません。いやむしろ普段より早いくらい。

終わった状態を眺めても、いつその仕事をしたのか思い出せない部分がたくさんありました。
誰かが代わりにやってくれたのではないかと疑うほどですが、工房には僕一人しかいないのですから、僕がやったことは間違いありません。
しかも仕事はすこぶる上出来、完璧と言って良いほどです。

長年同じ仕事をしていると、意識しなくとも体が勝手に動くようです。
長時間車の運転を続け目的地に着いたとき、道中を全く思い出せないことがあるのと似てるよね、って友人に話したら、「おれはそんなことないよ。そんなのおまえだけだ」って言われました。
そうですか?ホントに?
そんなことないんじゃないかな?
結構同じような人は多いと思うんだけど。

ー続くー

トップへ戻るボタン