雑記帳
雑記帳

PEACE 2011

このエントリーをはてなブックマークに追加

2年前の春、長女の高校卒業の後に、僕は「PEACE」というタイトルの展覧会を各地で開催しました。そこで展示した作品群は、ウサギやネコやかえるに魚、様々な動物達がピースをしている図柄で、それまでの僕の作風とは全く違うものでした。

そのころ世間では民族主義的発言がメディアを賑わせ、日本は核武装すべきだとか、徴兵制を布くべきだとか、少々きな臭い空気が漂っていました。長女の卒業式でも、国旗を掲揚し起立して国家を唱和すべしというお達しがどこからかやってきて、突然に風向きが変わった感がありました。

ステンドグラス PEACE僕の「PEACE」展に出品した動物達はすべて、平和を当たり前のこととして享受し、あっけらかんとピースサインを出しています。僕はその方が、平和を声高に叫ぶよりも、それが続いてきたことの有難さと、続けていくことの大切さを訴えられると思ったのです。

そして今年2回目の「PEACE」展を開催することにしました。
しかし、今回の「PEACE」は少々意味合いが違います。
“平和”というよりは“平穏”の大切さを訴えています。
何事もなくただ普通に生活できることが、どれほど幸せなことなのかということを、天災と人災が続いた今年ほど痛切に感じたことはありません。

ステンドグラス PEACE
天災からの復興には相当の時間を要し、人災は復興どころか現在も進行中、それなのにさらなる災害の種を蒔こうとする人間達も大勢います。
目先の利権のみを追って行動する彼らに対抗する手段はあるでしょうか?
                                                                                                                                                                少々大袈裟に言わせてもらえば、今年は人類の未来を決定する節目の年になると思います。
今から数十年後、老人になった今の子供達が、2011年のあの時正しい決断をしてくれたおかげで美しい地球が守られたと考えるか、それとも間違った方向へ進んだために住むに耐えない地球になったと今の大人を恨むか、二つに一つです。

ステンドグラス PEACE

                                                                                                                    みんな一緒に「平穏に」暮らせますように、という願いを込めて「PEACE 2011」展を各地で開催します。

まずは地元江別で、
「ウッドいのうえ」
7月19日(火)~29日(金)

次は函館、
「ギャラリー村岡」
8月1日(月)~9月3日(土)

詳細は展覧会ページへ
             → 江別
             → 函館

その後大阪、東京での開催を予定しています。

 

トップへ戻るボタン