EXHIBITION

横浜 石川町:ステンドグラスと陶 二人展

かなり前から計画していた今年の秋の展覧会のタイトルは、「風立ちぬ展」にする予定でした。僕にとって”風立ちぬ”という言葉のイメージは、ヴァレリーや堀辰雄の作品の影響もありますが、もうひとつ松田聖子が歌う同名の曲の印象が強く影響し、”一輪の花が… もっと見る

江別:11月の光と影

詳細情報 ≫ 11月の光と影

東京:神楽坂の小さな丘の上で

神楽坂の小さな丘の上で展覧会を開きます。

中標津:石戸谷準 ステンドグラス展

日本最東端の空港がある町で展覧会を開きます。

大阪:第3回 陶芸とステンドグラス二人展

まだまだ寒さ厳しい北海道ですが、 いかがお過ごしでしょうか。 節分が終わってひな祭りが近くなると、 もうすぐ春という実感が湧いてきて嬉しくなりますね。 今年は一足先に寒さから逃げ出して、 暖かい大阪で展覧会を開くことになりました。

江別:「ギャラリーステラ」展

こちらでは、ストーブを焚く季節になりました。 皆様元気でお過ごしでしょうか。 江別市では、JRの高架事業に伴い新築していた野幌駅が明日23日から使用されます。 東北大震災以来何となく沈滞ムードが続いていましたが、少し活気が戻った感じがします… もっと見る

函館:「PEACE 2011」

今年2回目の「PEACE」展を開催することにしました。 今回の「PEACE」は少々意味合いが違います。 “平和”というよりは“平穏”の大切さを訴えています。 何事もなくただ普通に生活できることが、どれほど幸せなことなのかということを、天災と… もっと見る

江別:「PEACE 2011」

今年2回目の「PEACE」展を開催することにしました。 今回の「PEACE」は少々意味合いが違います。 “平和”というよりは“平穏”の大切さを訴えています。 何事もなくただ普通に生活できることが、どれほど幸せなことなのかということを、天災と… もっと見る

仙台:「輝く明日」

わたせせいぞう展 ~ハートを贈ろう、ニッポン!!~ のコラボレーション企画として 石戸谷準ステンドグラス展 ~輝く明日~ を開催いたします。

東京:「赤と青・金と銀」

赤色と金色には、どこかに共通のイメージがあって、赤ガラスに金が含まれているという流言が容易に信じられる土台になったのではないでしょうか。 日本語の赤は”明るい”が語源であるという説があります。 金色の光り輝く明るさにも通じます。 明るく元気… もっと見る

函館:「星屑倶楽部 No.16~」

星屑倶楽部は、 2002年にスタートして99作まで作ることに決めたこのシリーズですが、ここしばらくはお休みが続き、15作目でストップしていました。 こんな調子では 最後の99作目にたどり着くのに何年かかるんだ? プルトニウムの半減期より先の… もっと見る

江別:「星屑倶楽部 No.16~」

星屑倶楽部は、 2002年にスタートして99作まで作ることに決めたこのシリーズですが、ここしばらくはお休みが続き、15作目でストップしていました。 こんな調子では 最後の99作目にたどり着くのに何年かかるんだ? プルトニウムの半減期より先の… もっと見る

大阪:二人展『朱と赤』

山の頂には薄い白化粧、 街には早くもクリスマスの飾り付けが見られるようになりました。 皆様お元気でお過ごしでしょうか。 昨年に続きまして、大阪で2回目の「陶とガラスの2人展」を開催します。 お近くの方はどうぞ是非お立ち寄りください。

函館:「ブドウ・ぶどう・葡萄」展

少々肌寒い秋の日が続いていますが、お元気でお過ごしですか? 秋の展覧会「ブドウ・ぶどう・葡萄」展を開催します。 どうぞお立ち寄りください。 関連のブログもご覧下さい。 「一房の葡萄」

江別:「ブドウ・ぶどう・葡萄」展

少々肌寒い秋の日が続いていますが、お元気でお過ごしですか? 秋の展覧会「ブドウ・ぶどう・葡萄」展を開催します。 どうぞお立ち寄りください。 関連のブログもご覧下さい。 「一房の葡萄」