雑記帳

何ができるだろう?

2011年6月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

 東日本大震災の被災者のために、多くの人が支援を表明しています。
孫正義氏の100億円+引退までの報酬全額は別格としても、実業家やスポーツ選手、芸能人などが多額の金額を寄付しており、下記に挙げられているのはその極一部に過ぎません。

・ファーストリテイリングの柳井会長、個人で義援金10億円
・フォーデイズが3億円を寄付
・石川遼、賞金を全額寄付「目標は2億円」
・AKB義援金に1億円 グループで6億円超振り込み 
・宇多田ヒカル、被災地へ8000万円 
・安室奈美恵、個人で5000万円寄付
・ペ・ヨンジュンさんから義援金7300万円 
(msn産経ニュースより)

もちろん金額がすべてではなく、人それぞれ支援の仕方があるわけです。
真っ先に現地へ駆けつけた医療関係の人たちの献身には頭の下がる想いですし、屋台を引っ張っていったラーメン屋さんにカレー屋さん、トイレや風呂を持ち込んだ各メーカー。
元気になってもらおうと、被災地でのコンサートを開催するミュージシャンも多く、寄席やマジックショーなどもありました。

これまで続けてきた自分の仕事で何か役に立つことができるなら、それが一番良いと思うのですが、ステンドグラスで何ができるでしょうか?
色々考えてはみたものの、特に良いアイデアもなく、上記の方々とは比べものにならないほど僅かの寄付で済ませていました。

そこへ突然先月中頃に、わたせせいぞうさんの事務所から連絡がありまして、東日本大震災支援展を開催するから協力して欲しいとのこと、一も二もなく即座に引き受けました。
仙台の老舗デパート「藤崎本店」からの要請で、東北の被災者と被災しなかった人も含めて、とにかく地元を元気付けたい、そのために何かできないだろうか?何かをやってほしい、という切実な願いだったようです。

ステンドグラス わたせせいぞう 
わたせさんの展覧会では、これまで2度仕事をさせていただいてます。

「わたせせいぞうの世界展」2006

blog「1983」

そのときのコラボレーション作品5点の他、僕のオリジナル作品をいくつか、元気が出そうなものを選んで展示します。

「ステンドグラスに何ができるだろう?」という気持ちに変わりはありませんが、この機会に藤崎さんから、そしてわたせさんから声を掛けていただいたのも貴重な縁です。
会期中はずっと会場にいて、僕から来場者に声を掛けたいと思っています。

「わたせせいぞう展」
~ハートを贈ろう、ニッポン!!~
仙台市藤崎本館7階にて、
7月1日(金)~6日(水)まで。

このエントリーをはてなブックマークに追加