面白い仕事

面白い仕事ーその1-

2011年12月5日
このエントリーをはてなブックマークに追加

「本業以外ーその1-」、この文章を書き始めたとき最初に付けたタイトルです。

現在の僕の仕事はというとステンドグラスの制作ということになりますが、元々そうだったわけではありません。
30年前に考え今もそのまま使っている会社名”ボザール・デザインビューロー”は、英語圏でもフランス語圏でも通じる単語を並べたもので、直訳すると”美術意匠事務所”となります。名前の通り美術に関するデザインなら何でも引き受けるつもりでした。あわよくば海外進出を果たそうという意気込みでしたが、来る注文はステンドグラスの仕事ばかり、この仕事で海外へというのはかなり難しいものがあります。

とは言え思い返してみると、30年の間にいくつかステンドグラス以外の仕事もしています。
サンドブラスト装飾やモザイク、タイル画、モニュメントや照明器具、花器・食器にアクセサリーのデザインは、ステンドグラスそのものではないけれど仕事の範疇でしょうね、今でも時折やっています。
ショーウインドのディスプレイや庭の設計もやりましたが、ステンドグラスとの共通点がありました。
しかしかつては、ステンドグラスとは全く関係のない本の装丁やポスター・DMのデザインも仕事としてやったことがあります。それがいつの間にかだんだんやらなくなって、ずらりと並んでいた名刺の営業項目が次第に減り、今では”ステンドグラスのデザイン・制作”という肩書きだけが残っています。

別にそれが悪いというわけじゃなし全然それで構わないのですが、たまたま最近立て続けに全く別分野のデザインを引き受けてやってみたら結構面白かったもので、これもいいな、またやろうかな、という気持ちになっているわけです。
ですが、これまでやった仕事の資料や現物が何か残ってないかと捜してみたところ、これが見事にひとつも残っていませんでした。写真のひとつも撮っていないなんて、そもそも僕自身ステンドグラス以外の仕事を本業とは考えていなかったんじゃないかと思います。

デッサン ��供
唯一残っていたのは、20数年前、ある教育関係団体の機関紙の表紙をデザインしたときに描いた鉛筆デッサンでした。

具象的な絵はめったに描かないのですが、何故かこのときは子供の顔を思い切り写実的に描きたいと思ったようです。

今後はステンドグラス以外の仕事もブログで積極的に紹介していくことにします。
文章と写真で記録できるという点が一番のメリットですが、本当の目的は”デザインに関する仕事なら何でもやりますよォ~”というアピールです。
そういう意味でブログのタイトルに「本業以外~」なんて書いちゃいけない、全部本業だけどステンドグラスとは区別したくて「面白い仕事~」とすることにしました。

このエントリーをはてなブックマークに追加