雑記帳

散歩は楽しーその6ー

2014年3月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加

春分の日も間近、東京あたりではすでに桜が咲いているというのに北海道はまだ雪に覆われています。しかし昨日は朝から暖かい陽が射して、冬の労苦が終わったことを告げていました。気分がいいので、仕事が溜まっているにもかかわらず、夕方から散歩に出かけてきました。

散歩と言っても、まずは車で出かけて、気に入った場所で降りてから近所を歩き回るといういつものスタイルです。江別から東の南幌町方面へ10分ほど車を走らせると、”何もない”場所に到達します。

目に入るのは雪と空。
地平線まで雪しか見えません。
これが夏だったら、近くには潅木が立ちはだかり、遠くにも畑や車や人影が見えたりするのですが、今この時期はこんな感じです。
”何もない”ということの素晴らしさを思います。

その後1時間ほどぶらぶらして、陽が落ちるのを待ちました。
久しぶりに綺麗な夕焼けを拝めそうな気がしたのです。
夕焼けは期待したほどじゃなかったけど、雪原が海のように見えました。

このエントリーをはてなブックマークに追加