雑記帳

時は虹色に輝くーその11-

2014年5月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加

絵が進んでいます。

 

花と蝶を描きました。

 

花はヒマワリとクレマチスがモデルです。

花は他にも描く予定ですが、第一段階ではここまでです。

 

 

蝶のモデルはオオムラサキ。

北海道では限られた地域にしか生息してないので、未だ実物を見たことがありません。

この機会に是非実物を見に行こうと目論んでいます。
時期は7月です。

 

 

 

 

次に描いたのはシマフクロウ。

これも是非実物を見たいものですが、野生のものを見るのは相当難しそうです。

原画では枝にとまっている姿を描いたけれど、動きのある姿に変更しました。

 

後ろにシラカバの林を描きました。

 

 

 

それから渓流を遡るイワナの群れ。

この群れは隣のパネルにも続く絵柄なので、そのように描きます

 

渓流には毎年取材(?)に行ってますが、今年ももちろん行くつもり。

イワナはここ数年見ていません。

今年こそは狙ってみましょう。

 

 

ここまで調子よく絵を描いてきましたが、その間ずっと机にはりついて座ったままでした。
お尻は痛くなるし、肩も凝ったので温泉へ。
体重計に乗ってみたら3kg増えてました。
妻に報告すると「じっとしておやつ食べながら仕事するからでしょ。 動きながら描きなよ」だって。
そんなことできるか!

ー続く

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加