雑記帳

高速道路を降りよう

2009年9月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日、展覧会の搬入のため、作品を車に積んで旭川へ行って来ました。
朝9時の高速道路入口には「火災のため通行止め」の表示があり、一般道での行程となりました。

僕の住む江別市と旭川市は約120kmほど離れており、国道12号線で結ばれています。
久しぶりにこの国道を走って気がつくのは、閉鎖したドライブインの多いこと。それに加えて、廃業したガソリンスタンドや巨大なパチンコ店の跡も目に付きました。元はコンビニだったらしい空き店舗もいくつかありました。
途中立ち寄った蕎麦店では、店主らしきおばちゃんがしきりに話しかけてきて、
「この辺もどんどん店がなくなっちゃってさ、新しくできるのはラーメン屋と蕎麦屋だけだね。うちもそうだけど、アハハ」
「お客さんどこいくの?」
「旭川です」
「旭川はいいよねえ~、あ!そうでもないか?この前デパートなくなったもんね」
「これから雨だってさ。気をつけて」

旭川といえば近年は、旭山動物園の大成功で全国的に有名になりましたが、動物園に向かう観光客のほとんどは、12号線を通ることはないようです。飛行機、電車、さもなければ高速道路を通って、点として都市に入り点のまま出て行く・・・というのが現代風です。
もしかすると人間同士の付き合いもそんな風になりつつあるのかな、なんて思いながら、途中何度かどしゃ降りの雨に遭い、少々重たい気分で旭川の展覧会場に到着しました。

展覧会は、10年前に発足した旭川デザイン協議会の主催で「建築&スペース展2009」というタイトルです。
設計事務所やインテリア、ガーデニングの会社など、建築に関係する10社ほどが集まって展示しています。http://blog.goo.ne.jp/asahikawadesign/e/9604336774472fd22894bf42e52d6567

ステンドグラス 日??僕はゲスト出品ですが、会場入り口を入ってすぐ真正面の一番目立つ場所に展示していただきました。
「会場が明るくなった。やっぱり展覧会には華がないとね」と主催の方々に言ってもらえました。
遠くから雨の中やってきたかいがあるというものです。

ステンドグラス 日?? 建築展展覧会はひとつの点に過ぎません。それを点のままで終わらせず、長い線に伸ばしていくにはどうしたらいいのだろう?
まだ雨脚の強い帰りの夜道を走りながら思いついたのは、”まずは高速道路から降りる”ということ。
一般道路をゆっくりと走れば色々なものが目に付くし、人とのふれ合い出会いもある。
展覧会も同じことで、会期の間くらいは、日がな一日会場に居て来場者とのんびり話でもしたら、何か新しい発見や出会いがあるかもしれません。

これはなかなか良い比喩かもしれない、帰ったらブログで使おうと思いつき、忘れないうちに早く帰らなきゃ、自己矛盾に悩むことなく車は高速道路の入り口へまっしぐら、しかし恐るべし天の采配!そこには「大雨のため通行止め」という電光掲示板の赤い文字が神々しく光っていました。

このエントリーをはてなブックマークに追加