雑記帳

技術とデザイン

2012年3月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪で展覧会をやっている会期中、講習会の開催のため名古屋へ行ってきました。
場所は同じく(株)十條さんです。
昨年11月12月に行ったフッ酸エッチング講習会より一歩進んだ応用編の企画でした。

昨年の講習会では、フッ酸や道具の使い方、エッチングの作業手順など基本事項を体験してもらいました。しかしそれは単なる技術であって、本当に大事なものはその先にあります。
つまりその技術を何のためにどう使用するのかということです。
一言で言うなら”デザイン”です。

第1日目は、各自が用意してきたデザインを元に作業手順を計画し、エッチング作業をしてもらいました。

10人の受講者の個性的な作品が揃いました。

                                                            

2日目は、様々な応用技術を体験してもらいました。
説明を聞いてすぐその場で考える即興デザインです。

グランドワックスや蜜ろうを使った表現。

 

クレヨンを使用。

 

シールなど既製の材料を使用。 

 

天ぷら油を使用。

                                                    

                                                                                                

3時のおやつは、見目麗しきフルーツのアソートでした。

                                                                                                         

                                                                                             珍しく早めに帰ったホテルの部屋で、ちょうど1年前の東北の惨状を繰り返し放映するTV画面から目が離せなくなりました。特に福島県に暮らす人々の様子について。
原子力という技術、発電所というデザイン・・・、ベッドに横になったままぼんやりと考える・・・。

TVに疲れて立ち上がり、窓から外を眺めたら、この季節には珍しく雪が降っていました。
                                         

このエントリーをはてなブックマークに追加